2015年08月21日

碧蹄館の真実 奇跡の勝利を導いたもの ..... 文禄2年(1593年)1月下旬、漢城(現在のソウル)でのことです。

歴史街道 2015年08月06日発売号 の目次

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<総力特集> 碧蹄館の真実 奇跡の勝利を導いたもの
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇今月号の読みどころ◆◇

「今こそ日の本の武士たる者の戦ぶりを、異国の兵に示す時。
雌雄を決すべきと存ずる」。
先鋒を務める立花宗茂の言葉に、諸将は頷きました。
文禄2年(1593年)1月下旬、漢城(現在のソウル)でのことです。
平壌で日本軍を破り、勢いづいた明・朝鮮連合の大軍が迫る中、
籠城や、釜山までの後退を選ばず、日本軍諸将は「迎撃」を決断しました。
一度肚を決めれば、いずれも歴戦の漢たち。
小早川隆景、同秀包、毛利元康、黒田長政、宇喜多秀家、
そして石田三成、大谷吉継……。
誰もが瞳の奥に闘志の炎を燃え上がらせました。
彼らの心を一つにしたものは何であったのか、
そして文禄の役のハイライト・碧蹄館の激闘とはどのようなものであったのかを、
詳しく紹介します。

第二特集は「阿南惟幾の決断」です。
(『歴史街道』編集長・辰本清隆)

◆◇◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【1】碧蹄館の真実
   奇跡の勝利を導いたもの

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●総論
 城外で雌雄を決すべし!
 戦国の漢たちはなぜ迎撃を決断したのか
 童門冬二

●出兵理由は?破竹の進撃と戦局変化の要因とは?
 Q&A文禄の役
 小和田哲男

●「明は必ず攻めてくる」
 智将の読みを活かせなかった平壌のだまし討ち
 橋場日月

●派閥対立、王族の逃避、援軍の将らの保身…
 朝鮮と明、それぞれの事情
 小和田泰経

●「開城の敵をおびき寄せよ!」
 歴戦の立花主従が三成の籠城策を覆す
             高橋直樹

●日本・朝鮮・明の史料比較から、
 両軍の兵力と戦いの実態を探る
 桐野作人

●「碧蹄館を目指せ!」
 文禄二年一月二十六日、決戦の時至る
 秋月達郎

・【前篇】
 「敵を足踏みさせてくれる」
 決戦前、宗茂の機略が明軍の出鼻を挫く            

・【後篇】
 「見事なり、大釣り野伏!」
 小早川の采配、諸将の猛攻が敵を粉砕す  

●年表・文禄の役勃発から碧蹄館へ

●コラム
 1:日本軍各隊の面々とは
 2:サラブレッドの義兄弟
 3:若き勇将を支えた老練な忠臣たち
 4:武勇随一! 宇喜多家の若き家老

●ビジュアル
 1:勇将、智将が集結! 碧蹄館に臨んだ男たち
 2:「包み討ちにせよッ!」敵大軍に突撃する日本軍精鋭
 3:碧蹄館は狭隘な回廊! 古地図に見る激闘の舞台


◆◇◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【2】特集・その他読み物
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

[グラビア]

・この人に会いたい vol.104
 二階堂ふみ(女優)

……………………………………………………………………………………………

[特集] 阿南惟幾の決断 七十年前、「終戦」を導いたもの

・鈴木内閣発足、ポツダム宣言、原爆投下…その時日本は
 河合 敦

・命を賭して国を残した阿南の想いと覚悟を伝えたい
 役所広司

・陸軍は聖断に従って行動す…終戦に導くための武人の決断
 山之口洋

・阿南家の郷里・竹田市で偲ばれ続けて

……………………………………………………………………………………………

・織田・豊臣・徳川に仕えた「へうげもの」
 古田織部の意図せざる転身
 河島順一郎

・鉄道事業、学校創立
 …人のために尽くした明治人の志
 村野山人のあきらめない生き方
 江宮隆之

・大阪人の心の拠り所「通天閣」を後世に伝えていくために

……………………………………………………………………………………………

[連載]

・レイテ沖海戦の内幕 最終回
 連合艦隊の最期と歴史のイフ
 吉田一彦


・歴史街道・ロマンへの扉
 天理・石上神宮
 林 宏樹



・文人がこよなく愛した味と店
 第7回 船橋屋・くず餅 芥川龍之介
 木内 昇

◆◇◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【3】読者参加型企画!「歴史街道脇本陣」&「歴史写真館」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆歴史街道脇本陣◆

「歴史街道脇本陣」は読者とともにつくるページ。
編集部が提示する<毎月のお題>に、読者のみなさまにお答えいただき、
投票結果を誌面で発表する大好評の企画です。

<前回のお題(8月号掲載)>
Q.「現地で楽しみたい日本の祭りは?」

9月号では「関ヶ原の合戦、もし参戦するなら東軍?西軍?」の
結果が発表されます。お楽しみに!

<今月のお題>

Q.「あなたが好きだった歴史TVドラマは?」

 締切:8月26日(2015年11月号にて結果発表予定)
 皆様の歴史愛あふれる回答をお待ちしております。
posted by history at 16:12| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。