2012年03月27日

奇跡の将軍・樋口季一郎 あくまで「人道」を貫く,,,,,,, ユダヤ人救出、キスカ撤退、占守の戦い…

歴史街道
□ 2012/03/06発売号



◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ●○●4月号の読みどころ〜『歴史街道』編集部より●○●
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「日本はナチスドイツの属国にあらず。ヒトラーのお先棒を担いで弱い者い
じめすることが、正しいことですか」。昭和13年(1938)、一説に二万人とも
いわれる凍死寸前のユダヤ人難民の命を救った陸軍軍人がいました。樋口季
一郎です。杉原千畝のビザ発給の2年前のことでした。樋口はまた、米艦隊に
包囲され、玉砕必至のキスカ島守備隊六千人の無血脱出を成功させ、さらに
終戦後に北方に侵攻するソ連軍への「断乎反撃」を命じ、北海道占領の野望
を砕いて、日本軍最後の勝利をもたらしています。これら三つの「奇跡」を
もたらしたのは、常に人道に立脚した樋口の決断でした。たとえ地位を失お
うと、人として正しい道を貫いた樋口の信念を描きます。
第二特集は「真田幸貫と佐久間象山」です。

(『歴史街道』編集長・辰本清隆)

◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【1】総力特集:ユダヤ人救出、キスカ撤退、占守の戦い…
        奇跡の将軍・樋口季一郎 あくまで「人道」を貫く
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●【総論】日本人が誇りとすべき「三つの奇跡」を起こした穏健な熱血漢
中西輝政

●盟友との出会いとヨーロッパ駐在…「しなやかな強さ」を培ったもの
早坂 隆

●ユダヤ人難民を救え! 杉原ビザの二年前、地位を賭した決断があった
早坂 隆

●「わたしは、約束したのだ」アッツの部下を救えなかった断腸の思い
秋月達郎

●キスカ撤退成功! 独断の謗りを恐れず、海軍との連繋で成した奇跡
将口泰浩

●断乎反撃せよ! ソ連の侵略を退けた終戦後の激闘と、思わぬ恩返し
稲生達朗

●ウォッカの小瓶と鴨居の小さな水彩画…祖父の思い出
樋口季一郎孫 樋口隆一

●「これでいいということは絶対にない」大好きな父の教え
樋口季一郎四女 齋藤智恵子

◎ビジュアル
1:侵略するソ連軍を、断乎撃滅せよ!
2:地位を失おうと…ユダヤ人難民を救った二人の日本人
3:濃霧を衝いたパーフェクトゲーム! キスカ撤退戦
4:秘蔵写真で辿る、その生涯の歩み

◎コラム
1:樋口が記した「オトポール事件」
2:木村昌福の「機を待つ勇気」

◎年表:激動の時代に「人道」を貫いて

●樋口を取り巻く陸軍の人々

◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【2】特集:松代藩の主従
      真田幸貫と佐久間象山 「六文銭」の旗の下に伝えた海防の志
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【特別対談】世界に目を向け、「非常の時」に挑んだ稀代の主従
童門冬二×松代真田家十四代当主 眞田幸俊

●改革と人材登用…尚武の家、再興のために
小林一郎

●「和魂洋芸」で海軍建設を! 幕末を先駆けて
江宮隆之

●改革と海防に尽力した日々―幸貫・象山年表

◎ビジュアル
真田主従の足跡を訪ねて 松代城下MAP

───────────────────────────────────
◆その他連載も絶好調!

posted by history at 13:25| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。