2011年10月14日

「どんな攻撃を受けても三年はもつ」。 .....ロシア軍がそう豪語した永久要塞が旅順でした

歴史街道
□ 2011/10/06発売号



◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

11月号の読みどころ〜『歴史街道』編集部より

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「どんな攻撃を受けても三年はもつ」。
ロシア軍がそう豪語した永久要塞が旅順でした


これに挑んだ乃木希典率いる第三軍は、司馬遼太郎の小説『坂の上の雲』
などによって「無為無策の突撃を繰り返し、徒に死傷者を増やした」
「乃木は愚将であった」というイメージが定着しています。

しかし、それは事実に基づく正当な評価とはいえません。

第三軍が五カ月で旅順を攻略すると世界は驚愕し、賞賛を惜しみません
でした。

それは第三軍が、前例のない近代要塞攻囲戦で極めて合理的な戦法を用い、
また苦境の中でも乃木司令官以下、将兵が団結して敢闘、欧米人が不可能と
断じた要塞攻略を果たしたからです。

二〇三高地に象徴される旅順戦の真実を明かします。

第二特集は「Q&A『古文書』の寺子屋」です。

(『歴史街道』編集長・辰本清隆)

◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【1】総力特集
二〇三高地の真実 「旅順要塞」を陥落させた男たち
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●【総論】
世界に先駆ける合理的な戦法と敢闘が、永久要塞を攻略した
原 剛

●今月も充実のビジュアル記事が6本!
1:連隊、「前へ!」
2:総攻撃前夜、乃木第三軍の布陣
3:三次に及ぶ総攻撃、そして攻略へ!五カ月の死闘
4:鉄壁の東鶏冠山北堡塁に挑む!
5:永久要塞攻略に投入された主力兵器
6:旅順攻防戦に臨んだ日露両軍の陣容

●超大国ロシアに短期決戦を挑む日本…なぜ旅順が焦点となったのか
河合 敦

●第三軍司令官に補せらる…埋木の古武士、息子の訃報を胸に満洲へ
稲生達朗

●「射程距離まで軍を進めよ!」大孤山奪取で、ロシア艦隊の死命を制す
江宮隆之

●一戸旅団奮戦、築城攻撃、二十八サンチ砲轟発…しかしなおも落ちず
松田十刻

●二〇三高地奪取、そして望台占領…将軍は鉄血山を覆う爾霊山を仰ぐ
秋月達郎

●旅順攻略の奇跡を起こした第三軍が語る「日本人の真価」とは何か
中西輝政


●コラム
1:攻囲戦の転機となった井上の進言
2:堡塁奪取に気を吐いた第三軍随一の勇将

◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【2】特集
桐野作人先生に入門! Q&A 「古文書」の寺子屋
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【第一部】崩し字、変体仮名…意外に簡単? 古文書、基本の基本

【第二部】江戸の遊び絵や、龍馬、謙信の手紙を読んでみよう

ステップ壱 国芳の遊び絵

ステップ弐 龍馬の手紙

ステップ参 謙信の手紙

●[ビジュアル]変体仮名を読む!「教訓いろはかるた」

他、好評連載など多数

posted by history at 13:47| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。