2011年08月18日

大坂夏の陣......戦国で最も熱い二日間 ----- 諸将の胸にはそれぞれの思いが去来します。

歴史街道
□ 2011/08/06発売号


◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

9月号の読みどころ〜『歴史街道』編集部より●○●

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

戦国最後の大戦になる…
それは大坂方、関東方両軍の将兵ともに承知していました。

大坂夏の陣です。

諸将の胸にはそれぞれの思いが去来します。

六条河原に起き伏す身から再び采配を振るう機会を得て、
すべてを賭ける後藤又兵衛。

祖父・父以来、徳川に一度も後れをとったことのない兵法をもって、
乾坤一擲の勝負に挑む真田幸村。

関ケ原の雪辱を果たすことに燃える長宗我部盛親、毛利勝永…。

一方、関東方にも武辺者はいました。

傾奇者の血を騒がせる水野勝成。

槍一本の武功に賭ける渡辺勘兵衛…。

両軍の将の思いは「戦国を生きた武人の証として、
最後の舞台に真の戦ぶりを見せる」という一事に尽きました。

戦国最大最後の激闘の中で男たちが見せた「武士の魂」を描きます。

第二特集は「平泉と奥州藤原氏」です。

『歴史街道』編集長・辰本清隆

◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

総力特集
戦国で最も熱い二日間
大坂夏の陣――「武士の魂」ここにあり

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●【総論】豊臣逆転の勝算あり!
天下人を決する戦国最大最後の戦い
北川 央

●今月も充実のビジュアル記事が4本!
1:「敵を引きつけよ!」毛利勝永の奮戦、阿修羅の如し
2:鬼小十郎を一蹴! 真田の赤備え、誉田をゆく
3:戦場の出で立ち! 大坂方主将愛用の武具
4:15万の大敵を迎撃! 夏の陣激闘の軌跡

●東西手切れ、冬の陣
…双方の思惑と誤算の果て、ついに最終決戦へ
小和田哲男

●槍の又兵衛と鬼日向
…因縁の古強者二人、曙光の道明寺を揺るがす
永岡慶之助

●朝露の八尾・若江
…かつての君臣相搏つ激闘の中、男たちが貫いたもの
中路啓太

●狙うは家康の首一つ!
敵を砕く勝永の吶喊、幸村は紅の疾風と化す
海道龍一朗

●豪傑たちの咆哮!
闘将列伝前編・後編
江宮隆之

●空前の戦いに正々堂々と挑んだ男たち
…そんな魅力を伝えたい
有栖川有栖

【特別インタビュー】
その行動力を、森小弁やモリ大統領も受け継いでいます
毛利勝永子孫・山本敦夫

○[年表]夏の陣への道


◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

特集:平泉と奥州藤原氏
――「黄金楽土」はなぜ生まれたのか

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●「奥州に現世浄土を…」
万人平等を実現した平泉の奇跡
高橋克彦

●「わしらの国をつくる」
清衡が中尊寺建立に託した願い
中津文彦

●戦うか否か
…頼朝の横車に秀衡、泰衡それぞれの決断
松田十刻

●充実のビジュアル記事が2本!
1:黄金楽土・平泉の全容
2:現世浄土を目指した理想郷・平泉MAP

○[コラム]朝廷と源氏がもたらした前九年の戦禍

○[年表]奥州藤原氏の興亡


◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【好評連載】

◇駐日米大使グルーの昭和史
――天皇を敬慕し、開戦回避に尽くしたアメリカ人
[第5回] 二・二六事件のヒロイン
太田尚樹

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


【読み物】

風船爆弾の真実
[第一回]福島第一原発上空を窺うU-2
吉田一彦


◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【グラビア】

○この人に会いたい(56)
仲里依紗/「髑髏城の七人」で舞台初出演の女優

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


他、好評連載など多数

posted by history at 09:26| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。