2011年05月07日

織田信長と松永弾正 ------ 価値観が崩れ、実力が問われる変革期こそ「梟雄」の時代

歴史街道
□ 2011/05/06発売号



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

総力特集
梟雄か、先覚者か…
織田信長と松永弾正
時代に「突破口」を開く

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

【総論】
価値観が崩れ、
実力が問われる変革期こそ「梟雄」の時代

山内昌之

●右筆から畿内制覇へ
三好家の忠臣か、下剋上三悪人の一人か
藤岡周三

●鏡に映すが如く
尾張の信秀、美濃の蝮と同じ匂いのする主従
秋月達郎

●霜台、叛服常なし!
命がけで信長を救い、また平然と裏切る
工藤章興

●出自の謎、大和統治、高い教養
史料から読む弾正の素顔とは
坂本雅央

●茶器と築城に新たな価値を
二人はなぜ先駆者たり得たのか
山本兼一

●是非もなし
「噂の漢」と「戦国の覇王」、髪一筋も残さずに散る
永岡慶之助

〈コラム〉
(1)下剋上の先駆者だった三好長慶
(2)宿敵順慶との戦いで見せた将才
(3)好色で吝嗇? 悪評から覗く素顔
(4)覇王とともに失われた名物茶器
(5)フロイスが記録した信長と弾正

〈年表〉
●道三・信秀「下剋上」年表

〈VISUAL〉
(1)信長を瞠目させた近世城郭の魁、多聞山城
(2)二人を魅了した名物茶器の数々
(3)包囲網形成! 弾正、窮地の信長を見限る
(4)暗殺、謀殺、乗っ取り…三梟雄の恐るべき下剋上
(5)畿内を血で染める激闘の日々―弾正人生年表

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

【好評連載】
◇駐日米大使グルーの昭和史
――天皇を敬慕し、開戦回避に尽くしたアメリカ人
(第3回)反米感情の高まり/太田尚樹

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

【読み物】
◎葵祭、蘇民将来
京都で語り継がれる「平安京」の伝説/高野 澄

◎豊臣軍相手についに落ちず!
忍城、戦国最後の奇跡/小和田哲男

◎一つひとつが違う顔
水上バスで巡る「隅田川の橋」

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

【グラビア】
○この人に会いたい(53)
大沢たかお◎TBS日曜劇場「JIN―仁―」主演の俳優

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

【特集】
大地震、噴火、大津波
震災に立ち向かった日本人

◎世のため、地域のために
「稲むらの火」が伝えるもの/童門冬二

◎「元通りの村に」
自らの決断で希望をもたらした男たち/中江克己

◎三陸大津波
明治の人々が見せた奮闘とリーダーシップ/松田十刻

〈ビジュアル〉
○繰り返す震災の中、日本人は歩み続けた

〈コラム〉
非常時こそ人々のために…ある銀行家の決意

□■好評連載■□
○我、六道を懼れず〜真田昌幸 連戦記(16)/海道龍一朗
●伝説の仮装巡洋艦〜エムデン(2)
解き放たれた海の狼/吉田一彦
○東京で味わう
ふるさとの料理×うまい酒(11)熊本県 馬刺し /石田 千
●きまぐれ探検 昭和なスケッチ/本山賢司
(13)成城学園界隈
○歴史街道・ロマンへの扉「福井」/鶴田純也・与那嶺慧利子
●続・自転車紀行 シルクロードをゆく
(5)マシュハドからバムへ /長澤法隆
○この著者に注目!「石黒敬章」
●歴史街道クイズ「戦国検定!」

他好評連載多数


posted by history at 23:03| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。