2011年03月18日

勝 海 舟 の 維 新 ...... 「公」のために貫いたもの

歴史街道
□ 2011/03/05発売号



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

総力特集
すべてを敵に回しても…
勝 海 舟 の 維 新
「公」のために貫いたもの


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

【総論】
孤立無援の中で、
常に「世界の中の日本」を見据えていた男
童門冬二

●「おれが真似をばしないがいい」
無頼の父と剣と蘭学に育まれて/梓澤 要

●「幕府はもうダメだよ」
海軍建設の夢破れ、雄藩に日本の行く末を託す/高野 澄

●向こうがその気なら…
奸雄なる官軍相手に、江戸と将軍家を守り抜く/永岡慶之助

●日清韓三国合従の策、遣韓論、脱亜論…
明治人がアジアに託した思い/山内昌之

●「行蔵は我に存す」
近代国家日本のために、あくまで所信を貫く/松田十刻

●「公」か「私」か…
大政奉還から鳥羽・伏見の激動の中で

●人生年表 時代の舵取りをした男の七十七年

〈VISUAL〉
(1)「俺がやらねば、誰がやる」運命の会談を前に
(2)無血開城実現のために尽くした、あらゆる手立て
(3)幕府諸藩連合艦隊、堂々と西上す

〈COLUMN〉
(1)勝を見出したもう一人の先覚者
(2)命がけの宮島会談を覆されて
(3)「あれは人民の社会だ」勝の清国観

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

【新連載】
◇駐日米大使グルーの昭和史
――天皇を敬慕し、開戦回避に尽くしたアメリカ人
太田尚樹
(第1回)不穏な政情の日本へ

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

【読み物】
◎重巡インディアナポリスの悲劇(終)
遅すぎた救出は誰の責任なのか/吉田一彦

◎伝説の軍師は存在したか?
新史料から読み解く山本勘助の謎/海老沼真治

◎「ラーメン」はいかにして国民食となったのか[前編]
戸田京助

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

【グラビア】
○この人に会いたい(51)
藤原紀香◎ミュージカル「マルグリット」主演の女優

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

【特集】
「ばさら!」佐々木道誉
――その生き方の美学とは

◎「ばさら」…
それは行き詰まった時代を変革する精神
森谷尅久

◎自由闊達にして痛快!
南北朝を異形の「ばさら者」がゆく
羽生道英

◎[前編]
北条、叡山に牙を剥け!
古い殻を打ち破る反骨の人

◎[後編]
京童の度肝を抜いた饗宴!
表裏者が貫いた風流とは

〈COLUMN〉
○戦乱の時代を彩った「ばさら」の系譜

□■好評連載■□
○我、六道を懼れず
〜真田昌幸 連戦記(14)
海道龍一朗
●東京で味わう
ふるさとの料理×うまい酒(9)
大阪府 串カツ/石田 千
○きまぐれ探検 昭和なスケッチ(11)
言問通りをゆく 前篇/本山賢司
●歴史街道・ロマンへの扉「鳥居本」
鶴田純也/岩崎菊子
○続・自転車紀行 シルクロードをゆく(3)
ブハラからマリーへ /長澤法隆
●この著者に注目!「井上寿一」
○歴史街道クイズ「戦国検定!」

他好評連載多数

posted by history at 15:05| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。