2010年12月14日

香川照之が語るスペシャルドラマ「坂の上の雲」と明治の人々

歴史街道
□ 2010/12/06発売号



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

総力特集
真之、子規、広瀬…
日露開戦
危機に立ち向かった明治人の魂

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

●【総論】国家の存立を賭け、
「無法な大国」に挑んだ明治の日本人/中西輝政
●日英同盟か日露協商か
ロシアとの戦争回避を目指して【林董と伊藤博文】/河合 敦
●文学革新を目指す
苦痛に耐えて書き続けた病床の日々【正岡子規】/八尋舜右
●「人材以外に秘訣なし」
海軍のグランドデザインを描く【山本権兵衛】/童門冬二
●「戦術で勝たねばならぬ」
騎兵外交で敵地視察を果たす【秋山好古】/江宮隆之
●ついに開戦!
敵艦隊撃滅を期し、連合艦隊は旅順へ【秋山真之】 /秋月達郎
●「いま来たりて貴軍港を閉塞す」
猛射の中、決死の覚悟で【広瀬武夫】 /松田十刻

香川照之が語るスペシャルドラマ「坂の上の雲」と明治の人々
○迫るロシアの脅威に日本は…「日露開戦」年表

〈VISUAL〉
(1)閉塞作戦実施か否か…明治37年2月14日「三笠」司令長官公室
(2)覚悟を決めた男たち ――開戦前夜の相関図
(3)ロシア艦隊を封じ込めよ! 三度の旅順口閉塞作戦

〈COLUMN〉
(1)「功名を擲ち」…諜報将校の極秘任務
(2)日本のためならば元老にも屈さず…権兵衛の真骨頂
(3)「国家あってこその商業」渋沢の戦費調達
(4)ロシア人を魅了し、ロシアを愛した快男児

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

【好評連載】
◇真実の日米衝突史
――その歴史から何を学ぶべきか/渡部昇一
(第六回)東京裁判と「戦前の日本は悪」の刷り込み

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

【読み物】
◎重巡インディアナポリスの悲劇/吉田一彦
(第二回)「極秘物資」を輸送せよ

◎「亡国は以ってまた存すべからず」
呉の将軍孫子の兵法/守屋 淳

◎お江戸はこれで盛り上がった?
浮世絵に見る江戸の酒席芸

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

【グラビア】
○この人に会いたい(48)
役所広司◎映画「最後の忠臣蔵」主演の俳優


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

【特集】
◎知っているようで知らない
忠臣蔵の真実Q&A/中江克己

○松の廊下から討入りまで
元禄赤穂事件のあらまし

○【第一部・刃傷篇】
内匠頭は神経質、内蔵助は梅干顔だった?

○【第二部・討入り篇】
四十七士に生き残りがいた?
浅野家は再興された?

○赤穂四十七士のプロフィール

〈VISUAL〉
「本懐、遂げたり」赤穂浪士凱旋ルート

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

□■好評連載■□
●きまぐれ探検 昭和なスケッチ
(8)王子界隈/本山賢司

○我、六道を懼れず
〜真田昌幸 連戦記(11)/海道龍一朗

●この著者に注目!「鈴木英治」

○歴史街道クイズ「戦国検定!」

●歴史街道・ロマンへの扉「那智勝浦」
鶴田純也/河辺映里

○東京で味わう
ふるさとの料理×うまい酒(6)/石田 千
広島県 お好み焼

●湖国百景
近江路をゆく(最終回)湖北
[写真・文]寿福 滋

他好評連載多数

posted by history at 14:22| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。